クレンジング

正しいクレンジング方法と選び方。スキンケアで大切なのは落とす事

メイクをする人なら必ず使っているクレンジング。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

クレンジング方法が間違っていると肌へ負担をかけることになり、肌トラブルを引き起こすことにもなってしまいます。

その毛穴の開きも黒ずみも、クレンジングが原因かも! 

つばさ
つばさ
今まではただメイクが落ちればいいと思っていたのですが、正しいクレンジングを身につけたら、明らかにお肌の調子が変わってきました♡

 

スキンケアで最も重要なのはクレンジング!

「メイク落とし」とも呼ばれているように、メイクを落とすのに欠かせないクレンジング。

スキンケアは汚れを落とすことから始まります☝

特にメイク汚れは毛穴に入り混んでしまうので、しっかりと落とす事が重要です。

毛穴に汚れが残っていると、肌トラブルを引き起こすもとになってしまいます。

 

ファンデーションをはじめとするメイクアップ化粧品は油性のものが多く、水やお湯で落とすことはできません。

つばさ
つばさ
油性のメイクを浮かすには「油」が必要。そしてその油分を水と中和し洗い流すのが「界面活性剤」

クレンジングには、油と界面活性剤が含まれています。

肌に良いものではありませんが、メイクを洗い流すのに欠かせない成分です。

スキンケアの中で最も重要なのがクレンジングです。汚れが残っていると、その後の化粧水などが浸透しないだろうと言う事は想像がつきますよね!

 

クレンジングの種類と選び方

クレンジング剤といっても様々な種類があり、洗浄力が高いものほど肌への負担が大きくなります。

しかし肌への負担を考えて洗浄力の弱いものを選んでしまうと、メイクを落としきれずに汚れが残ってしまうことも。

メイクの濃さを基準にクレンジング選びをしてみましょう。

クレンジングシート

簡単に拭き取るために界面活性剤を多く含んでいます。

洗浄力が強すぎるので肌への負担がとても大きいです。拭き取りの摩擦で肌への刺激も強く、シミの原因になることも。

わたしは面倒くさがりなので、数年前までシートタイプを愛用していました。

ウォータープルーフのアイメイクが良く落ちるし、なにもりも手軽で簡単なので使用していましたが、それを知ってからは控えています😂

つばさ
つばさ
時間のない時や、出先など、できるだけ緊急時のみの使用がよさそうですね。 

クレンジングオイル

最もメイクを落とす力が強いタイプです。

油分も界面活性剤も多く含むので肌へのダメージも多く乾燥しやすくなります。

つばさ
つばさ
しっかり濃いめのメイクやウォータープルーフタイプのメイク時の使用がおすすめ! 

汚れ落ちの素早さが特徴で愛用者の方も多いのではないでしょうか?

ポイントメイク落としにも向いています💡

肌への負担を軽減するためにも「乳化」することが重要です!

正しいクレンジングオイルの使い方はこちらの記事をご覧ください

あわせて読みたい
乳化が決め手!意外と知らないクレンジングオイルの正しい使い方。クレンジングオイルって、扱いにくいという印象はありませんか? わたしは、洗い上がりがベトつくというか肌に残っている感じが苦手で、長い間...

 

クレンジングジェル

白濁したもの(乳化タイプ)は肌にやさしめ。透明なものは界面活性剤が多く肌への負担が大きいです。

オイルが入ったタイプと入っていないタイプがあり、オイルが入っていないタイプはマツエクをしている人も安心してつかえます。

つばさ
つばさ
普通メイク〜やや濃いめのメイク時の使用がおすすめ!

クレンジングローション

 油分が少なく界面活性剤の量は多めです。その為メイクを落とすのに時間がかかってしまい、肌への負担が大きいです。

また、コットンで拭き取るタイプは肌への刺激も強くなります。

つばさ
つばさ
やや軽めのメイク〜普通メイク時の使用がおすすめ!

クレンジングミルク

 肌へのダメージが比較的少なく、やさしい洗浄力が特徴です。水分が多いので、なめらかなテクスチャのものが多い。

つばさ
つばさ
軽いメイク〜やや軽めのメイク時の使用がおすすめ!

クレンジングクリーム

 油分と界面活性剤のバランスがよいものが多く比較的肌への負担が少ないです。

クレンジングの中では最も保湿力があります!

つばさ
つばさ
軽いメイク〜普通メイク時の使用がおすすめ!

 

正しいクレンジングの方法

メイクを落とす為のクレンジングですが、ただメイクが落ちればいいわけではありません。

正しいクレンジングができていますか?

意外と間違ったクレンジングをしてしまっているので、基本をまとめてみました☺

 

クレンジング剤はベースメイクを基準に選ぶ

アイメイクなどの落としにくいものを基準にクレンジングを選んでしまうと、アイメイク以外の肌に負担がかかってしまいます。

アイメイクや口元など落としにくいものは、専用のポイントメイクリムーバーを使って落としましょう!

一度に落としてしまいたい気持ちはよーくわかりますが、ベースメイクを基準に選ぶことで肌への負担が軽減できます。

 

肌をゴシゴシこすらない

メイクをきちんと落としたいがためにゴシゴシやってしまいがちですが、これはNGです!

摩擦によって肌に負担をかけてしまうんです😭

こすり過ぎないように指先で優しくクルクルしながら、メイクと馴染ませましょう!

また、クレンジング後にタオルでゴシゴシ拭き取るのもNG。

肌を傷つけてしまい肌トラブルの元になってしまいます。

柔らかいタオルで、やさしく抑えるように 水分を拭き取りましょう!

クレンジングは素早く丁寧に

クレンジング剤を長時間のせておくのは肌への負担が大きいです。

肌の潤いを取りすぎてしまい、乾燥肌の原因にもなってしまいます。

クレンジング剤は肌に良いものではないので、素早く丁寧に!

目安として1分以内には終わらせるように心掛けましょう。(できれば30秒!)

クレンジング剤は、ぬるま湯でしっかり流す

すすぐ水の温度は熱くても冷たくてもダメです。

温度が高いと皮脂を落としすぎてしまい、乾燥してしまいます。

逆に低すぎてもクレンジング剤を落としきれずに、肌に残ってしまい毛穴の開きや黒ずみの原因にもなってしまいます。

30℃前後のぬるま湯で、しっかりとすすぐ事が大切です!

 

以前わたしはお風呂に入った時に一緒にクレンジングもするので、熱いシャワーでガンガン流していました。

ぬるま湯に変えただけで、肌の乾燥が良くなったので温度は重要だと思っています😊

 

クレンジングの使用量を守る

クレンジングの量が足りないと擦ることになってしまうので、肌への摩擦で傷つけてしまいます。

スルスルとすべるくらいたっぷり使いましょう!

クレンジング剤の適量は商品に記載されているので、使用量を目安にするといいと思いますよ。

わたしは念のためちょっと多めにしています。

 

正しいクレンジング方法:さいごに

クレンジングとは、スキンケアの中でも最も重要です。

肌に汚れが残っていると、毛穴の開きや詰まり黒ずみなどの肌トラブルを引き起こしてしまいます。

メイクの濃さに合わせた洗浄力のクレンジングを選ぶのがいいですよ!

肌に優しそうでも落としきれなければ意味がありませんからね。

基本は、「しっかり丁寧に素早く落とす」です。

汚れをちゃんと落とせていなければ、いくら保湿を頑張っても意味がないですよね。

汚れの詰まったお肌に、化粧水も浸透しないのは想像つくでしょう😭

正しいクレンジング方法を身につけることで、綺麗な素肌も夢ではありません!

それぐらい重要なので、しっかり行っていきましょうね♡